【ドラマ感想】「獣になれない私たち」第1話初回2018年10月10日放送分(新垣結衣、松田龍平、田中圭、黒木華、菊地凛子、犬飼貴丈ほか)【あらすじ・視聴率】


kemononi1

※公式HPより引用

その他のドラマの感想はこちら→連続ドラマ感想一覧

獣になれない私たちの感想一覧はこちら→「獣になれない私たち」

今期一番期待していたドラマだったけど、序盤のストレスのたまる展開にやきもき!
もうさあ、なんでガッキーがあんなに苦しめられなきゃいけないのよ!

最近、パワハラやらワークライフバランスがーとかやたら言われ始めて、権利を主張する人たち増えたけど、仕事ってそうも言ってたられない時ってあるじゃない??っていうか、どうやって自分の給料が発生しているのか若造はよく考えろって感じよ。
 もちろん最終的にはみんなが定時に帰れて、仕事も分散されて、お互い尊重しあってみたいな環境で仕事をする世の中になっていくとは思うの。それが理想的だし、人としてあるべき姿かもしれないもの。
 でも今はまだまだ過渡期。過渡期なんだから徐々にやってこうよみたいな!今までやってきたものを急に転換なんてできないのよ!こういう時って権利を主張したり、要領よくやる人たちが楽して、能力高くて、気が利いて世話好きの人間が最も割りを食うわけ!今回はそれがガッキー!もう本当にみてて可哀想になる。上司と後輩二人にグーパンチでもお見舞いしてやればいいのに!って感じ!
 まあラストに吹っ切れたガッキーが上司に業務改善希望を提出したので多少なりともスッキリはしたけれど、優しいガッキー、なんだかんだ後輩のピンチは助けたりしちゃうんだろうなー。

っていうか、本編と関係あるかないのかよく分からない仕事の苦しさは置いておいて、今後の恋の展開よ!田中圭くんはまあ、最終的に振られると思う。っていうか、最近、ブレイク中とか言われてるけど、この人はブレイクしちゃダメな役者だったよね。だって、松田龍平と並んだ時の存在感のなさね。やっぱり主役は張れないよねー、田中くんは。なんなんだろう龍平くんのあの存在感。セリフがあるわけでもないのに、圧倒的存在感。そこにいるだけで、ぐっと物語に深みが増す感じ。何かしらのドラマが生まれそうな感じ。田中くんにはどう頑張っても出せない。だからこそ、ブレイクなんかせず、名脇役ポジションで収まっておくのが一番なの。まあ、結局今回もそんな感じの役に収まりそうなので良かったけど。

 っていうか、何あのバー。もうさあ、こういうバーに行きたいわけ。あんなに雰囲気よくて、なんだかんだ出会いのあるバーってこの世に存在するんですかって感じよ!でもさあ、ここでも地味にガッキーの取り繕う部分が演出されてるんだよね。もちろん、あの輝くようなきもい笑顔のくだりもそうなんだけど、このお店に結局田中くんのこと、あまり連れてきてないってことでしょ。田中くんに龍平とか菊地凛子のこと「知り合い?」って聞かれてたぐらいだし。なので、まあたまには一緒に来るけど、基本的には一人でここにきて、仕事とか、彼氏に対するもやもやとかを発散する場所だったんだろうね、ガッキーにとって。単純に居心地のいい場所なら、しょっちゅう彼氏と来ればいいわけだし。完全に秘密にするわけではないけど、どことなく、一人になれる場所っていう感じだったんだろうね。いいなーこういう行きつけのバー。まあ、こういうバーっていうのはキャバクラとかある意味一緒でお店というよりはバーの店長に会いに来ている節があるんだよね。周年パティーとかに参加する人ならなおのこと。

 それにしても龍平くんはあんな草食系代表みたいなただ住まいしておいて、衝撃の肉食系。バーで知り合った女性を事務所に誘い込むとかどんだけ慣れてるのかしら。確かに恋愛経験豊富な男女ならそんなこともありなのかもしれないけど、ガッキーはダメよ。ちゃんと帰ったからいいけど、恋に恋してる節のある人がそんな人の誘いに乗ったら好きになっちゃうよきっと、知らないけど。いやきっとそう。バーで知り合って、一夜限りの関係になるような男女は基本的に恋に発展しないような免疫ができているけど、そんなことを普段しない男女がちょっとした運命のいたずらでそういう関係になってしまったとしたら、恋に発展しちゃうんだよね。でも、それは確実に片方だけだから辛い。だってそんな状況になるには確実に片方はこなれてなければならないわけだもの。いや、知らないけどね!想像だけどね!

 とまあこんな感じで、おそらく徐々に龍平くんとバーで話しているうちになにかしら感じるものが出てきて〜っていう展開なのかなあ。田中くんの方は別れても居座る元カノという、ストーカーよりもタチの悪い女性に取り憑かれているわけで、その辺りもどう転がっていくのか。
っていうか、田中くんとガッキーってお互いお人好しコンビである意味お似合いなのかもね。

以上!

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>