【ドラマ感想】連続ドラマW コールドケース ~真実の扉~第4話感想11月12日放送(主演:吉田羊・永山絢斗・三浦友和ほか)


ko-rudo4

その他のドラマの感想はこちら→連続ドラマ感想一覧
先週の感想はこちら→コールドケース第3話感想

ユースケ・サンタマリアの役が酷い。
この前の火の粉の時に近いものを感じる。
サイコ的な殺人者の役。そして証拠は残さない。
相手の心理を読み、一番感情が高ぶる部分をより強い言葉を選んで攻撃する。
今回の話はある意味、ユースケ演じる犯人の異常性を際立たせるという性質はあるものの、それに乗っかって、刑事たちの隠された過去や、立場を視聴者に紹介するために用意された回のような気がした。
結果として、今週でユースケは逮捕されなかったわけだけれど、このまま逃げ通されては警察のメンツが潰れてしまうので、最終回あたりでまた対決という展開を期待。
とりあえず、次週はまた違った事件を取り扱うようです。
そして次週は個人的に大好きな俳優さんが二人も登場で歓喜しております。
村上虹郎くんと健太郎くん。
2人ともタイプは違えど、魅力満点な俳優さんです。
しかもテーマが男子校で先生との・・・みたいな。どうしましょう。

翌週の感想はこちら→コールドケース第5話感想

nijirou
kentaro


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>