【ジャンプ+】「青のフラッグ」第25話(2018年1月31日配信)感想


aonohura251

※https://shonenjumpplus.com/より引用。

週刊少年ジャンプの感想はこちら→「ジャンプ感想一覧
前回の感想はこちら→青のフラッグ第24話

こういう、非日常で学校の友達と会うのって気まずいよね。
いや、たぶん、トーマみたいな人種は全く気まずくないんだろうなあ。
太一はどうなんだろう。
あまりに制服に慣れ過ぎてる分、学校外で私服の同級生に会うとなんだか、照れくさい様な、普段見せてない自分を見せてしまっているような見せられているようなっていう感じになって苦手だったなあ。

それしてもトーマの浴衣はカッコいいなあ。でもさあ、高校生で浴衣はまずいんだよねえ。男子は特に。
ほら、ちょっと反応してしまった場合隠しようがないっていうか、なんていうか(*’▽’)

はい、で、今週はあまり進展はありませんでした。
むしろ真澄ちゃんとトーマの間柄の方が進んだかな。
お互い暗黙の了解で特に会話はかわしてこなかったけど、ここでまた、ひとつくぎを指してきたというか。
似たような境遇であればこその一体感というか、ここでは共犯みたいな関係性なのかな。
お互いの弱みを知られ合っているような。
本当は弱みでもなんでもないことなのにね。
でも、高校生のうちにこの段階まで進めるっていうのは恵まれているんだということを世の中の人には知っていてもらいたいな。

ではまた。

にほんブログ村 漫画ブログ 週刊少年ジャンプへ
にほんブログ村


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>