【ドラマ感想】「僕らは奇跡でできている」第1話初回2018年10月9日放送分(高橋一生、榮倉奈々、要潤、西畑大吾、矢作穂香、トリンドル玲奈ほか)【あらすじ・視聴率】


bokuskiseki1

※公式HPより引用

その他のドラマの感想はこちら→連続ドラマ感想一覧

僕らは奇跡でできているの感想一覧はこちら→「僕らは奇跡でできている」

高橋一生好きに捧げるためだけのドラマとみた。

基本的に研究にしか興味がなく、ちょっと変わってるだけのお人好しキャラを演じているのかと思ったら、なかなか毒を持った人間のようで。

最後のセリフは効いたねえ。榮倉奈々に、
イソップ童話のウサギと亀になぞらえ、
「あなたはちょっとウサギに似ている」
といい、
ウサギの解釈は?との問いに対し、
「ウサギは亀を見下すため、自分が優れていると証明するだけために走った」
なんて、言い放つんだよ。(ニュアンスね)
マイペースのお人好しがそんなことを言うわけないよね。

いやあ、これは天然かわいい高橋一生を見せつつ、時にSっけたっぷりのダーク高橋一生も登場して高橋一生好きにいろんな高橋一生を見せていこうとしているのではないかと推測。

まあこれは一話目だけの感想であって、このドラマ、もしかしたら化けるかも。
ただの恋愛ドラマでもないし、教育ドラマでもない、なんだかジャンル分けの難しいドラマな分、色々と視聴者側に問いかけを行っていくようなスタンスになるんじゃないかな。

こういうドラマはちょっと退屈になりがちだけど、そこは高橋一生と榮倉奈々のかわいさのダブルパンチでうまいこと料理してもらいものだね。

以上。ではまた。

※top画像はhttps://biz-journal.jp/2018/10/post_25063.htmlより引用


You may also like...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>